HOME>レジャー>多くの観光スポット

家族連れで楽しめる

東京の北部に位置する荒川区は、明治維新以後工業化が進み発展してきています。最近は住宅地として人気があり地価も上がっています。また荒川には多くのレジャースポットがあり、観光客で賑わっているのです。まず荒川と言えば日暮里繊維街が有名です。様々な生地が手に入ることから日本全国から人が集まり、遠くは海外からも買い付けにくるほどの名物スポットになっているのです。そして日暮里繊維街では定期的にファッションのイベントも開催されています。次に荒川で有名なのが、谷中銀座商店街へ行くまでにある夕やけだんだんと呼ばれている階段です。この階段から見る夕やけがきれいなことから、この名前がついたのです。また谷中銀座商店街のお惣菜は美味しいので人気があります。さらに西日暮里の富士見坂は、晴れた日には遠く富士山を眺めることができると言われています。それからゆいの森荒川には、歴史作家吉村昭の吉村昭記念文学館が併設されています。それに南千住には坂上田村麻呂が創建したという円通寺があり、明治維新の時に亡くなった彰義隊の墓があります。そして荒川ふるさと文化館には荒川に関連した古代から、中世や近世などの歴史資料が展示されています。また荒川自然公園は緑に囲まれた美しい公園で、散歩やアスレチックやテニスやプールなどを楽しむことができます。さらに多数の生き物が生息していて、家族連れで訪れる方も多いです。

新着記事リスト